男子

うつ病の原因と考え方|女性のライフサイクル

双極性障害とは

腕を広げる人

最近よく耳にする双極性障害ですが、精神疾患の中でも気分障害に分類されている症状の1つになっています。うつ状態だけが発生してしまう病気を主にうつ病と言っていますが、このうつ病とはほぼ同様のうつ状態に加えて、うつ状態はほぼ真逆の躁状態も発生します。このうつ状態と躁状態を繰り返すことで、慢性的な病気になっています。以前までは、躁うつ病と呼んでいましたが、現在では極端な症状が発生するという意味で双極性障害と言われています。また、躁状態だけの場合もないわけではないですが、その経過の中でうつ状態が出てくることも多く、躁状態とうつ状態の両方を持っている場合は区別を行なわずに、やはり双極性障害と呼んでいます、双極性障害には躁状態の度合いによって次に2つに分類されています。日常生活や社会生活に多大な支障をきたして、人生に大きな傷跡を残してしまうこともあるため、入院が必要になってくるほどの状態を躁状態となっています。一方で第三者の目から見ても確実に気分が高揚して、睡眠を摂らなくても調子も変わらず、本人や周囲もあまり困らない程度の状態のことを軽躁状態と言われています。うつ状態に加えて、激しい躁状態が発生してしまうのを双極I型障害とされており、軽度な躁状態が発生するのを双極II型障害とされて分かれています。双極性障害は、数ある精神疾患の中でその治療法や対処法が比較的把握されている病気です。薬を使用してコントロールを行っていれば、普段と変わらない日常生活を送ることが可能になっています。ですが、この病気を放置していると何度も躁とうつの状態を繰り返してしまい、その期間に人間関係や社会的信用といったように仕事や家庭が崩壊してしまうこともあるので、この双極性障害の特徴と言えるでしょう。うつ病は一般的に死を意識してしまうほど、症状が重くなって生命の危機をもたらす一方ですが、双極性障害の躁状態ではその行動の結果などによって、自分の信頼を損なうようなことや社会的生命を脅かすことがある、重大な疾患であると医学でも認識されています。
日本ではこの双極性障害の患者数はI型とII型をあわせて約0.7%とされており、うつ病と比較してみると患者数はとても少ないと言えます。また、双極性障害の原因は完全に判明されていません。しかしながら、この病気は精神疾患の中でも脳やゲノムなども身体的な影響が非常に強い病気と考えられるでしょう。ストレスなども原因になりますが、単なる心の悩みではないでしょう。そのため、一般的に行われている精神療法やカウンセリングなどでは根本的な治療を行なうことは難しいです。うつ病と同じで、この双極性障害もどんな性格の人でも起こりやすいと言われています。うつ病でも言えることですが、自分は大丈夫とは決して思わないことが大事になっていきます。あまり知られていない双極性障害ですが色々と調べてみて、より多くのことを把握していきましょう。

Copyright © 2017 うつ病の原因と考え方|女性のライフサイクル All Rights Reserved.