男子

うつ病の原因と考え方|女性のライフサイクル

女性に多いうつ病

女性

うつ病は性別など関係なく発症してしまう病気となっていますが、世界的に見ても女性の方が男性と比べて約2倍ほどかかりやすいと言われています。女性は5人に1人が一生のうちでうつ病になると考えられています。日本の調べによると、うつ病を含んでいる精神疾患の国内の患者数約110万人のうちで、男性が約40万人に対して女性は約70万人になります。一般的に女性の方が医療機関に行って受診する機会がとても多く、うつ病と症状が被ることが多くあるため、うつ病が発見されやすい一面を持っています。ですが、それを考えても男女の間でこんなに差があるのははっきりとわかりますね。
女性が男性よりうつ病にかかりやすいと言われているのは、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが影響しているからです。精神の安定に深く関わっている女性ホルモンが月経周期になどで変動が行なったりすると、情緒不安定になりやすくうつ病の危険性が高まってしまいます。主にうつ病が発症するには環境の変化、性格や体質など様々な要因がありますが、最大の原因として考えられるのがストレスでしょう。ストレスを日常的に感じてることに性別の違いはありません。ですが、女性には男性が感じることが出来ない女性特有のストレスを持っていると言われています。さらに、女性ホルモンの変動はストレスに対して抵抗力を減少することも、女性がうつ病にかかりやすい原因だとも考えられています。
特に女性ホルモンが変動しやすい、比較的ストレスを感じてしまいやすい妊娠中や産後などの周産期は、うつ病の危険性が非常に高まる時期と言われています。産後から数日間は悲しい気持ちになってしまうマタニティーブルーになってしまうことがありますが、通常であれば大体1週間くらいたてばいつも通りに戻って元気に日常生活を過ごすことが出来ます。しかししながら、いくら時間がたっても改善しない場合などは産後うつの可能性が高いでしょう。また、現代の日本は結婚をする年齢が段々と遅れています。結婚する年齢が遅くなっていくと、必然的に子供も産むタイミングも遅くなるでしょう。その中で、妊娠を望んでも子供が中々できない焦りや不安、自分を責める気持ち、周りからのプレッシャーなどで、うつ病を発症してしまうトリガーになることも少なくありません。このような女性特有の環境の中でもうつ病を発症してしまうことがあります。女性がうつ病になってしまうのを予防するためには、常日頃から男性より約2倍近くうつ病になりやすいと意識していることが大切と言えるでしょう。これを常に考えておくと、無理をしそうになったり頑張りすぎたりしたら心のブレーキをかけられるようになるでしょう。あわせて、心の変化を感じたときに素直に休める環境をつくることも出来ます。ですが、それでも改善しない場合は相談にのってくれる医療機関にて受診を行なうようにしましょう。また、インターネット上では、女性のうつ病に関して様々な情報が載っているサイトもあります。そういうサイトを参考にしながら、女性のうつ病に対してしっかりと理解を深めていきましょう。

Copyright © 2017 うつ病の原因と考え方|女性のライフサイクル All Rights Reserved.